弘法大師空海

弘法大師空海

弘法大師空海は平安時代初期に実在したお坊さんです。
歴史上、20数人いる大師号のなかで、お大師さまといえば弘法大師空海といわれるほどの人物です。
空海の歩み、空海の生涯について簡略に紹介します。

 774年 1歳 (年は数え年)

讃岐国多度郡(さぬきのくにたどのごおり)善通寺市で生まれる。幼名真魚(まお)。「宝亀5年(774年)6月15日、父の佐伯直田公(さえき の たぎみ)、母の玉寄御前(たまよりごぜん)の三男」。

 791年 18歳

大学(長岡京・現在の京都府向日市)の明経科に入学。
この後、阿波国大滝嶽(あわのくにたいりゅうがだけ・現在の徳島県阿南市)、土佐国室戸崎(とさのくにむろとのさき)などで修行。

 797年 24歳

文書「聾瞽指帰(ろうこしいき)」を著す。のちに文書「三教指帰(さんごうしいき)」(儒教・道教・仏教の比較を論ず内容)といわれるものです。

 804年 31歳

東大寺(奈良市)戒壇院で授戒。肥前(長崎県)松浦郡田浦(たのうら)から唐(中国)に向かう。12月、長安(中国の地名)に到着する。

 805年 32歳

長安の青龍寺(しょうりゅうじ)で恵果和尚(けいかおしょう)に師事、伝法阿闍梨位(でんぽうあじゃりい)を受ける。「遍照金剛(へんじょうこんごう)」の名を授けられる。

 806年 33歳

帰国。
太宰府(観世音寺)や和泉国の松尾山寺(施福寺・大阪府和泉市)に滞在。
12月、高階遠成(たかしなのとおなり)に託して、請来の経典や仏画の目録「御請来目録(ごしょうらいもくろく)」を朝廷に提出する。

 809年 36歳

和泉国から京に移り高雄山寺(神護寺・京都市右京区)に滞在。

 810年 37歳

10月、高雄山寺(神護寺)において鎮護国家のために修法する(嵯峨天皇の書を受けて真言密教の布教を開始しました)。

 812年 39歳

11月、12月、高雄山寺(神護寺)で最澄らに学修灌頂。

 813年 40歳

11月、最澄の「理趣釈経(りしゅしゃっきょう)」借覧の求めに対して、断りの答書を送る。

 815年 42歳

真言密教を広めるため、弟子康守(こうしゅ)、安行(あんぎょう)らを東国の徳一、広智(こうち)らのもとに遣わし、密教教典の書写を依頼する。

 816年 43歳

修禅の道場建立のために高野山を朝廷に請う。7月、高野山の地を賜う。

 818年 45歳

勅許(ちょっきょ)後、始めて高野山(和歌山県伊都郡高野町)に登る。

 819年 46歳

高野山に金剛峯寺金堂を建立。「即身成仏義」(密教の究極の教え)など著し始める。

 820年 47歳

10月、嵯峨天皇より伝灯大法師位(でんとうだいほっしい)を賜い、内供奉十禅師(ないぐぶじゅうぜんし)に任命される。

 821年 48歳

讃岐国の満濃池(まんのういけ、香川県仲多度郡まんのう町)を修築。この満濃池は田畑を潤す大切な池であったが、規模の大きさや人足が集まらないことなどにより、なかなか完成の見通しが立ちませんでした。空海は人々を救うために修復工事を指導しました。

 822年 49歳

勅により東大寺に灌頂道場を建立し、国家鎮護の為、息災増益法を勤修。

 823年 50歳

東寺(京都市南区)を授けられ、教王護国寺として密教の根本道場(総本山)とする。

 825年 52歳

東寺講堂の建立に着手する(839年に完成)。

 828年 55歳

だれでも勉強できるよう京都に「綜芸種智院(しゅげいしゅちいん)」という私設の学校を創立する。

 830年 57歳

「秘密曼荼羅十住心論(ひみつまんだらじゅうじゅうしんろん)」(真言密教の体系)十巻、「秘蔵宝鑰(ひぞうほうやく)」(「十住心論」を簡略化したもの)三巻を著す。

 835年 62歳

高野山においてご入定(にゅうじょう)。(3月21日)

 921年 

醍醐天皇より弘法大師の諡号(しごう)を賜う。

創建開山、鏡島弘法

813年、嵯峨天皇の勅命を受けた弘法大師空海が乙津島に着船し、乙津寺を開山と伝承。
境内の拝殿奥にある大師堂には、弘法大師坐像をお祀りしております。

名称乙津寺 (通称:鏡島弘法)
所在地〒501-0124 岐阜県岐阜市鏡島中2丁目8番1号
西岐阜駅から車で約5分 岐阜バス「鏡島弘法前」バス停から徒歩5分
  駐車場  無料駐車場80台あり
 寺務所受付時間 9:00~12:00 (毎月21日、1月1〜3日は9:00〜17:00)
電話番号058-252-2062
タイトルとURLをコピーしました