墓じまい 改葬

お墓じまい 改葬

墓じまいとは、お墓の墓石を撤去し、更地にして、土地を返還することです。
また、墓じまい後、お墓の中に納骨してあるお骨を取り出し、
別のお墓に移すか、永代供養墓などに移すことを「改葬(かいそう)」といいます。

お墓じまい 改葬について考えている方

  • 先祖代々のお墓の後継ぎがいない
  • 掃除など管理が心配(年2、3回の掃除がないと荒れ地となります)
  • お墓が遠方にあり、負担が大きい
  • 終活として

先祖代々、お墓は受け継がれるという習わしでした。様々な事情や、多様化によって、永代供養墓に移す方が増えています。永代供養墓は寺院が供養と管理をするので安心です。

お墓じまい、改葬の流れ

改葬許可の申請について、お墓の精抜き供養、お墓を撤去する石材業者など、詳しくはご相談ください。

親族で相談して同意を得る

まずは墓じまいをするにあたって事前にご家族と話をして同意を得ておくことが大切です。
費用は誰が負担するのか、お骨の納骨先を含め、親族間で同意を得ておきます。
現在の墓地が寺院墓地の場合は、各寺院様によって規則が違いますので、ご住職様にご相談して下さい。

次の納骨先を見つける

納骨先を見つけ、見学や打ち合わせをしましょう。
当山では、改葬を他宗教問わず、受付しております。お気軽にお問い合わせください。
(お骨は法律によって勝手に廃棄することはできないです)

納骨証明書の発行

現在お墓がある墓地の管理者から「納骨証明書」(埋葬事実の証明)を発行してもらいます。
墓地管理者(市区町村、又は、寺院)に、改葬の意志、事情を説明し「納骨証明書」をもらいましょう。

改葬許可証の発行

改葬許可証の発行「受入証明書」※1と「納骨証明書」を現在お墓がある墓地を管轄する役所※2へ持って行き「改葬許可申請書」を記入し「改葬許可証」をもらいます。

【注】
※1
岐阜市の場合、「受入証明書」は不要です。
※2
岐阜市役所 市民生活政策課 〒500-8701岐阜市司町40番地1 市庁舎9階
電話番号 総務:058-214-4968

(改葬許可申請書の管理者証明欄に署名のあるものを提出します)
(市営墓地の場合、管理者証明欄の署名は不要です)

お墓の解体、お骨の取り出し

お墓の精根抜き、その後、お骨の取り出しを行います。土台も解体し、更地に戻したのち返還します。
(石材店を紹介できますのでお気軽に問い合わせください)

契約申込

申込用紙と下記の必要なものをご持参いただき、費用を納めてください。
改葬申込で必要なもの
・お骨
・「改葬許可証」
・認印

永代供養墓に納骨する

お骨を洗浄いたものを、打ち合わせした日に、納骨します。
精入れと納骨の法要を行います。

安心の永代供養墓

永代供養墓は、供養や管理を寺院が行いますので安心です。
鏡島弘法 永代供養 合祀墓のサイト

名称乙津寺 (通称:鏡島弘法)
所在地〒501-0124 岐阜県岐阜市鏡島中2丁目8番1号
西岐阜駅から車で約5分 岐阜バス「鏡島弘法前」バス停から徒歩5分
  駐車場  無料駐車場80台あり
 寺務所受付時間 9:00~12:00 (毎月21日、1月1〜3日は9:00〜17:00)
電話番号058-252-2062
タイトルとURLをコピーしました